ブログ

よもぎ蒸しで起業しよう!自宅サロン編

よもぎ蒸し凛

よもぎ蒸しサロンを自宅で開こうと思ったら簡単です!


1.自宅の場合はお部屋の一室またはリビングを仕切って空間を作る
2.玄関~お手洗い、よもぎ蒸しをするお部屋までの導線を作る
3.集客する
4.予約が入ったらお客様をご案内してよもぎ蒸しをしてもらう
5.お金をいただく
6.次回のご予約を承る

こんな流れでスタートできます。
1と2は誰でもできることだと思います。


1.自宅の場合はお部屋の一室またはリビングを仕切って空間を作る

自宅サロンの場合大切なことは空間を作るということ。自宅サロンは生活感がどうしても出やすいので店舗やマンションを借りるよりももっと気を使って空間づくりをすることが大事になってきます。

私はセンスがあるわけではないのですが、こぎれいに生活感をできるだけ出さない工夫をしました。
はじめの一歩は小さくても大きくなれるので小さく少しづつ始めても大丈夫。

2.玄関~お手洗い、よもぎ蒸しをするお部屋までの導線を作る

お部屋作りも大切なのですが、玄関からお部屋、お手洗いまでのお客様が通る道をサロン仕様にしなければなりません。私が自宅サロンを始めたときは子供たちがまだ小学生だったので、
そりゃ大変でした^^;

お客様が朝10時のご予約で8時に子供たちが学校に行くとすると行ってからじゃないと玄関からサロン部屋までの導線をきれいにできない。一軒家だったので外の駐車場周りも掃除したり、草木の手入れもそれなりにしないとだからそりゃもう嵐のよう。2時間あっても足りないくらいでした。

始めの頃は慣れなくて生活感出ちゃったりもしました。
音楽かけ忘れたり、玄関が埃っぽい匂いがしたり、本当に失敗ばっかりでした。

本当はオープンからきちんとしないといけないところですが、そこは自らの経験でどんどん進化させていきましょう! オープン当時の12年前のお客様がいまだに講座などに来てくださるのですが、私の中ではひどいと思っていた自宅サロンは居心地が良くて好きだったと言っていただき感動しています。
自分の最大限の努力をしたつもりだったのでうれしかったです。

3.集客する

一番大変なのが集客です。せっかくサロンをオープンしたのに誰もお客様が来なかったら悲しいですよね。はじめは少なくてもリピーターさんが増えていったらうれしいもの。

自宅サロンを開業する方でサロン業をやるのが初めての方は週末サロンや10時15時までのサロンなど自分ができる範囲でのサロン経営は可能です。私もスタートは平日10時~15時まで、1日2組限定のサロンをやっていました。当時はホームページ制作の仕事もしていたので、午前予約が入ったら午後の予約受付終了にして、ホームページの仕事が忙しいときは予約終了にしていました。

オープンから2,3か月は週2,3組のみで営業してました。
私の場合はホームページ制作やブログを書くのも慣れていたということもあったのでオープンしてからすぐにお客様のご予約を頂くことができました。

10月プレオープンしましたが、5月からブログを書き始めて7月くらいにはホームページを作り予約受付を9月ごろからスタートしたと思います。 慣れていない方は早め早めのスタートが良いと思いますし、必要に応じてブログの書き方などを習う必要があると思います。

自宅サロンでもはじめからがっちりお客様を入れたい方はホットペッパービューティを使うのをお勧めしています。家賃は掛からないと思うので月額費用を払っても集客は自動化すると楽になります。

もちろん何かしらSNS集客は必要です。
よもぎ蒸しサロンの開業~集客~物販~講師業までサポートしてます!
お問合せくださいね。

4.予約が入ったらお客様をご案内してよもぎ蒸しをしてもらう
はじめてサロンをやる場合予約が入るとドキドキします。私はドキドキでした。ご予約を頂いたら丁寧に予約受付メールをします。ご予約日の前日にも予約受付メールをします。

ラインでやり取りをしたい方はそれでも良いです。
わからなくならないように。
ホットペッパービューティを使うと予約管理もできちゃいます。

ひとりでできることは限られていますのでご自身のできる範囲で頑張っていきましょう。
私はこういった広告ツールは使ったことがないのですが、ネットに慣れていない方はひとつひとつ慣れていくしかありません。

5.お金をいただく
意外とお金を頂くということにブロックがある方がいます。私もそうでした。すぐ値引きをしたり、おまけをつけたりしがちでした。そこには「自信のなさ」というものが根底にあります。

自信のなさも経験がカバーしてくれると思いますので、たくさんのお客様と接して自身を付けていくしかないですね。 お勤めしかしたことがない人が直接お客様からお金を頂くのですから慣れていなくて当たり前です。 お客様はよもぎ蒸しをするということに対する対価を支払っているのですからいただいていいのです。 

私の自信のなさは経験不足と道具が気に入らなかったこと。この道具でお金いただいていいのかなって思ったんです。 だから作ったよ。1から全部!

6.次回のご予約を承る

サロン経営はいかにリピーター客をゲットできるかだと思っています。私の場合は回数券という形でリピーターさんを作る努力をしました。結果的には購入される方が多くなったので、物販という形になり、よもぎを追加購入していただくという形のリピーターが多くなりました。

サロン業の場合も方法はたくさんあって、回数券もよいですし、週2回まで通い放題の1か月チケット販売とかも考えてよいと思います。 やり方は色々ですのでぜひ色々とやってみていただければと思います。

つづく


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る